EA MT4

ABLENET(エイブルネット)でFX自動売買するための契約申込方法、サーバー接続手順

MT4 EAでFX自動売買を運用するのにVPSは必要か?

 

MT4によるFX自動売買では、パソコンをインターネットに24時間接続させ、EAにより売買取引をします。

 

そのため、24時間パソコンの電源をONにしておく必要があります。

 

当然、コードが抜けたりしてパソコンが消えてしまうと売買できません。

 

また、電気代が高くなったり、自然災害による停電の可能性もあります。

 

さらに、Windowsの更新で勝手にシャットダウンするなど挙げればきりがありません。

 

自動売買で24時間取引するということは、いつどのタイミングでポジションを持つかわからない状態のため、パソコンが24時間正常に稼働できなくなる可能性を極力少なくする必要があります。

 

これらのリスクを抑えるために利用するのが、VPSです。

 

自動売買を本格的に実施していく場合、VPSを利用することをオススメします

 

VPSって何?

VPSは「Virtual Private Server」の略で、「仮想専用サーバー」のことです。

 

何のことがよくわからないと思いますが・・・

 

要は、外部のサーバー上で MT4のEAを動かすための個人用のレンタルパソコンのようなもののことです。

 

イメージとしては、お手持ちのパソコンにVPSサーバーをダウンロードして、その中(Windows環境)でMT4のEAを動かします。

 

VPS上でMT4を使っている場合は、もしパソコンの電源を切ってもVPSの電源を切ったわけではないので、MT4は常に起動した状態となっているため、FX自動売買トレードが可能となります

 

Windowsパソコンを持っていない方でも取引できる!

MT4がインストールできるのはWindows環境が多いです。

 

Macしか持っていない方でもVPSを借りれば、Windows環境が利用できるようになります!

 

VPSはスマホからも接続できる!

VPSは、PCだけでなくスマートフォンからも接続することができます。

 

iPad、iPhone、Androidなどのさまざまなデバイスから、いつでもどこでもVPS上のWindows環境を利用することができます

 

おすすめVPSは?

FXでMT4を24時間使うなら『ABLENET VPS』が1番おすすめです!

 

他にも、お名前.comデスクトップクラウド使えるネットがありますが3社の比較をまとめてみました。

 

最も安いプランでのスペックをまとめています。

 

◎3つのVPSサービスの比較

ABLENET
お名前.com
使えるネット
OS
WindowsServer2012R2
WindowsServer2019
WindowsServer2012R2
月額費用
1981円
1620円
2980円
初期費用
SSD:1800円HDD:無料
無料
2000円
無料お試し期間
10日間(クレジットカード払いのみ)
なし
なし
CPU
2コア(専有)
2コア(共有)
4コア(専有)
メモリ
1GB(専有)
2GB(共有)
4GB(専有)
ディスク容量
SSD:60GBHDD:100GB
SSD:5GB
SSD:50GB
回線
200MB(共有)
100MB(共有)
100MB(共有)
メールサポート
24時間受付可能
電話サポート
サポートなし
サポートあり
サポートあり

※ABLENETではディスクの種類にSSDかHDDを選択できます。

 

メリット

・回線が200MBなので、他2つのVPSサービスよりも回線速度が速い

・スペックと月額料金・初期費用のコストパフォーマンスが1番高い

・10日間の無料お試し期間がある (お試し期間中の退会も可能)

・ABLENETの運営歴は20年を超えるので、お名前.comにも負けない信頼性がある

 

デメリット

・電話サポートがない。 (メールサポートはある)

・費用だけみると お名前.comの方が安い

 

電話サポートが無いのはデメリットではありますがABLENET VPSより提供されるWindowsデスクトップ環境の操作は普段使っているWindowsのパソコンと同じなので電話サポートで聞かなければならないことはほとんどありません。

 

このようにVPSサービスは、ABLENET VPSが1番使うメリットが多くデメリットも少ないためオススメです!

 

ABLENET(エイブルネット)契約手順

申込に必要なもの

ABLENET に申込をし契約するには、「メールアドレス」と「クレジットカード」が必要となります。

 

ポイント

「メールアドレス」は申込後にWindowsデスクトップ環境に接続する情報が届きますので、必ず受信可能なメールアドレスを用意してください。

 

ABLENETの申し込みでは「VPSプラン」と「winプラン」の2つのプランがありますが、WindowsのOSが使える「winプラン」をオススメします。

 

最小プランであるWin1プランでもMT4を10個程度、同時に動かせますので多くの人はWin1Win2プランを選ぶのが良いかと思います。

 

また、ディスクについては、SSDの方がMT4の動作を含め、全ての処理の処理速度がHDDよりも早くなるメリットがありますが、HDDでも、MT4をを10個同時に動かす程度なら処理速度に問題はありません。

 

◎各プラン、ご利用料金の比較

ご利用料金
Win1Win2Win3Win4
初期費用
SSD
HDD
1,800円
0(934円)
3,700円
1,886円
4,900円
2,839円
7,800円
4,743円
年払い料金19,200円
(1,600円/月)
24,915円
(2,077円/月)
44,343円
(3,696円/月)
66,058円
(5,505円/月)
半年払い料金10,743円
(1,791円/月)
13,600円
(2,267円/月)
24,458円
(4,077円/月)
35,886円
(5,981円/月)
月払い料金1,981円2,553円4,362円6,458円

 

支払い方法について

支払い方法は「クレジットカード払い」または「コンビニ払い」が選べます。

 

ただし、コンビニ払いにすると「10日間の試用期間が無い」、「支払時に手数料として600円」かかるデメリットがありますので、支払にはクレジットカードを使うほうがオススメです。

 

申込手順について

ここからは、ABLENET VPSの申込手順を紹介してきます。

 

まずは、こちらの申込フォームか、下記より申込ページを開いてください。

 

ABLENETを申込む

 

 

①申込画面が表示されたら、自分が申込したいプランが選択済になっていることを確認してください。

 

※ここでは、推奨のWin1、HDD、クレジットカード払いにしています。

 

 

②利用規約を読んで利用にすることに問題が無ければ、各項目の『同意する』にチェックを入れて、『規約に同意し、進む』ボタンをクリックしてください。

 

 

 

③契約期間・オプション画面が表示されたら、『サーバー契約期間』を選択して、『見積画面へ進む』ボタンをクリックしてください。

 

ポイント

年払いが、最大23%Offでお得です!

 

 

お見積り画面が表示されたら、選択したプランに間違いないことを確認して、各項目をチェックして、申込者情報の入力へ進むボタンをクリックしてください。

 

 

⑤申込者情報の入力画面が表示されたら、各項目を入力します。

・法人名

法人名を入力します。

※個人利用であれば未入力でもOKです。

 

・法人名(カナ)

法人名をカナ文字で入力します。

※個人利用であれば未入力でもOKです。

 

・お名前

契約者の名前を入力します。

 

・お名前(カナ)

契約者の名前をカナ文字で入力します。

 

・国名

国を選択します。

 

・郵便番号

郵便番号を入力します。

 

・都道府県

都道府県を選択します。

 

・住所(市区町村)

契約者の住所を市区町村まで入力します。

※法人の場合は会社の住所を入力してください。

 

・住所(番地、ビル建物)

契約者の住所の番地・ビル番号を入力します。

※法人の場合は会社の住所を入力してください。

 

・電話番号

電話番号を入力します。

 

・FAX番号

FAX番号を入力します。

※未入力でもOKです。

 

・メールアドレス

メールアドレスを入力します。

※ABLENETからのメールを受信できるメールアドレスを入力してください。

 

・メールアドレス(確認)

メールアドレス項目で入力したものと同じメールアドレスを入力します。

 

全て入力が完了できたら、『注文内容の確認へ進む 』ボタンをクリックしてください。

 

 

⑥注文内容の確認画面が表示されたら、プランと申込者情報に間違いないことを確認します。

 

 

⑦クレジットカード情報を入力して、『注文を確定する』ボタンをクリックしてください。

 

お申込完了画面が表示されたら、ABLENETへの申込作業は完了となります。

 

 

⑧申込が完了すると、上記のようなメールが届きます。

 

メールが届けば、ABLENETでのサーバー接続が利用可能となります

 

ABLENETでのサーバー接続方法

ABLENETの仮想サーバーへ接続するには、PCやスマホなどからリモート接続する必要があります。

 

今回は、Windows10のパソコンから、リモート接続する手順を紹介します。

 

 

①まず、『スタート』→『Windowsアクセサリ』→『リモートデスクトップ接続』を起動します。

 

 

②次に、リモートデスクトップ接続画面左下の『オプションの表示』をクリックしてください。

 

 

③ABLENETよりメールで届いた『コンピューター』『ユーザー名』を入力して名前を付けて保存をクリックして『接続』をクリックしてください。

 

 

④ABLENETよりメールで届いた『パスワード』を入力して、OKをクリックしてください。

 

 

⑤クリックすると、このリモートコンピューターのIDを識別できません。接続しますか?

 

と聞いてくるので『はい』をクリックしてください。

 

以上で、接続は完了となります。

 

後は、MT4をインストールして常時起動させればOKです。

© 2020 SHUBLOG