XMにおけるMT4の導入方法や使い方" />
無料EAプレゼントキャンペーン中!!

XMにおけるMT4の導入方法や使い方

<span class=XMにおけるMT4の導入方法や使い方" width="890" height="500" >

XMにおけるMT4の導入方法や使い方

XMはMT4でトレードするのが良い

MT4とは、全世界で最もメジャーな取引プラットフォームです。

無料で誰にでも使う事ができ、海外のFX業者のほぼ全てがMT4を採用しています。

日本語にも対応しており、日本でも多くのプロトレーダーが愛用しています。

MT4の正式名称は、「MetaTrader4(メタトレーダー4)」といいます。

現在は、MT5(MetaTrader5)という次世代版も利用可能ですが、

MT4の方がカスタムインジケーターの種類が多いという理由で使われている傾向があります。

また、MT4やMT5は、パソコン用だけではなくスマホやタブレットでも無料で利用することができます。

iPhone(iOS)やAndroid(GooglePlay)からMT4アプリをインストール可能です。

MT4のメリット

  • 初心者でも操作できる使いやすさ
  • 高機能なチャートツール
  • カスタマイズの自由度が高い
  • 動作が軽い
  • システムトレードをしたり、自分でプログラムを作ったりできる
  • バックテストができるツール

MT4のデメリット

  • 日本人にはとっつきにくい
  • インストールしないと動かない
  • パソコンの電源を切ると自動売買が止まる
  • Macでは使いにくい

XMでのMT4のダウンロード方法

MT4をダウンロードすることで、パソコンやスマホ上で、FXやその他の取引ができるようになります。

まずは、WindowsでのMT4ダウンロード方法を紹介します。

最初に、XMのホームページを開いてください。

プラットフォームという項目から、ダウンロードページにアクセスします。

ダウンロードをクリックするとダウンロード画面にいき、インストールを開始します。

ログイン方法

MT4をダウンロードしたら、口座にログインしましょう。

ファイルの項目から、取引口座にログインを選択しましょう。

ログインID、サーバーはメールに記載があったID、サーバーとなります。

サーバーは、数が多いため、種類を間違えないようにしてください。

新規注文の方法

気配値表示の通貨ペアを右クリックすると画面のような表記が出ますので、新規注文から注文を行いましょう。

チャートを見ながら、注文できるので大変便利です。

気配値表示から、通貨を左ダブルクリックする事でも、新規注文画面が立ち上がります!

 

通貨ペアや数量、決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)を選択して注文画面を押しましょう。

注文は1秒で約定しますので、ほとんど買いたい値で買うことができます

  1. 通貨ペア:取引する通貨ペアを選択
  2. 数量:取引ロット数を入力(1ロット10万通貨)
  3. 決済逆指値(S/L ストップロス) :損切り価格の設定
  4. 決済指値(T/P テイクプロフィット):利益確定価格の設定
  5. 成行売り:成行の売り(Bid)注文
  6. 成行買い:成行の買い(Ask)注文

1Lotは10万通貨ですので、お気を付けください。

国内FXは1Lotは10,000通貨が多いですが、XMの場合には10万通貨となります。

決済の方法

決済する場合には、並んでいるポジションを右クリックして、決済注文を押してください。

決済注文を押すと決済されてしまいますので、注文を変更したい場合などは、注文の変更または取消から注文を変更しましょう。

注文を変更する方法

注文を変更する場合には、並んでいるポジションを右クリックして、注文変更または取消を押してください。

決済逆指値(S/L ストップロス) と決済指値(T/P テイクプロフィット)をうまく活用しましょう!

指値で注文する方法

指定した値段にレートが変動したら、自動的に注文されるよう予約をしたい!」という方は、

指値で注文種別を指値に移動させて指値注文をしましょう。

ストップロスやテイクプロフィットを同時に設定できます。

注文種別の詳細

Buy Limit(指値買い) 価格が下落した際に買いたい場合

Sell Limit(指値売り) 価格が上昇した際に売りたい場合 

Buy Stop(逆指値買い) 価格が上昇した際に買いたい場合

Sell Stop(逆指値売り) 価格が下落した際に売りたい場合

ワンクリックトレードの方法

ワンクリックトレードとは、クリックするだけで注文が確定する方法になります。

ここで買いたい(売りたい)という場合には、ワンクリックトレードを利用するのがよいでしょう。

これを成行(なりゆき)注文とも言います。

まとめ

以上が、XMにおけるMT4の導入方法や使い方でした。

取引をしてみると、レバレッジの高さに驚くことでしょう。

スマホでの導入方法は以下をご確認ください。